落合病院の眼科は、火・木・土曜日の非常勤体制ですが、眼科のすべての疾患に対応した 充実した診療を行っています。岡山大学病院の眼科医師が診療を担当いたします。

担当医のご紹介

松尾 俊彦 (まつお としひこ)
松尾俊彦医師
落合病院では、白内障手術、緑内障手術、眼瞼下垂手術などを行っています。
糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑上膜、黄斑円孔、硝子体出血などに対する硝子体手術は、岡山大学病院で外来手術、または入院手術として行い、術後の経過を落合病院で診ています。
所属
岡山大学病院(准教授)
専門分野
ぶどう膜炎
網膜硝子体手術
眼と全身疾患
診療日
松尾医師の診療日はこちら
関連リンク
岡山大学病院
細川 海音 (ほそかわ みお)
細川海音医師
平成25年4月から火曜日の診療を担当しています。どうぞよろしくお願いいたします。
所属
岡山大学病院
認定医・専門医・指導医
日本眼科学会眼科専門医
診療日
細川医師の診療日はこちら
関連リンク
岡山大学病院

ページトップへ戻る

当院で行っている手術

白内障手術(眼内レンズ挿入)
・原則2泊入院(木曜日)
・白内障手術は、「日帰り」でもできます。患者様のご希望にあわせて、「日帰り」「1泊入院」「2泊入院」のいずれかを選択できるようにしています。
白内障手術は安全のため、2泊入院を原則 としていますが、 家を空けられないなどの理由で、「日帰り手術」を希望される方はご相談ください。
・外来受診時に、手術日を決めています。2週間から1ヶ月先ぐらいが目安です。緊急の場合はもっと早く行っています。
術前の全身検査(胸部単純X線、心電図、血液検査)は、手術前後の安全のために必要です。内科と連携して行っています。
緑内障手術(線維柱帯切除術)
・5~7日入院(木曜日)
眼瞼下垂手術
・日帰り手術(木曜日)
翼状片切除術
・日帰り手術(木曜日)
その他 眼瞼皮膚手術
・日帰り手術(木曜日)

松尾俊彦医師による白内障手術の様子

松尾医師による白内障手術の様子

ページトップへ戻る

岡山大学病院と連携して行っている手術/その他

網膜硝子体手術
糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑上膜、黄斑円孔、硝子体出血などに対する網膜硝子体手術は、岡山大学病院で外来手術として行い、落合病院で術後経過を診て行くこともできます。
糖尿病網膜症
当院の内科と眼科が連携して診ています。
緑内障
当院には、ハンフリー自動視野計 があり、視野検査を半年から1年に1度行い、緑内障を管理しています。
ハンフリー自動視野計
コンタクトレンズ
ハード、ソフト、使い捨てなど、各種コンタクトレンズの処方せんを出しています。
使い捨てコンタクトレンズ処方せん
ジョンソン&ジョンソン、ボシュロム、メダリスト、シード、ピュア、アキュビュー(アキュビュー・オアシス、アキュビュー・トゥルーアイ)
後発白内障
白内障手術では、水晶体嚢(後嚢)を残して、この中に眼内レンズを固定しています。この残した後嚢が、濁ってくるのが後発白内障です。濁った後嚢に、レーザーで孔をあけると、再び術後のように良く見えるようになります。レーザー後嚢切開術は、外来で数分で終わります。(予約制)

ページトップへ戻る