医療法人社団井口会 法人事務局長

安東 正典 (あんどう まさのり)
安東正典法人事務局長
「積小為大」二宮金次郎がモットーとした思想です。「小さなことを積んで大きなことを成し遂げる」言葉を変えれば、「自分の身近なところで、できることをやり続ける」ということです。
私たちも地域の医療機関として、保健・医療・介護・福祉を継続して提供し、地域の子育てから介護を支援したいと考えます。
私たちがその役割を果たすことで、次世代の働きやすい環境を創り、住みやすい街となることに繋げたいとの思いです。
職名
法人事務局長
プロフィール
大学卒業後、外資系製薬会社に勤務
平成4年落合病院に入り、平成11年より事務長を務め、平成21年より医療法人社団井口会法人事務局長。
趣味:マラソン、茶道

ページトップへ戻る

事務長

原田 洋司 (はらだ ようじ)
原田洋司事務長
平成21年4月より事務長に就任いたしました。
私どもの病院は「地域に密着し、安全で質の高い医療を提供します」を理念に、地域から信頼される病院づくりをしていかねばならないと考えております。
今後とも地域の皆様にご満足いただける病院となるよう精進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
職名
事務長
プロフィール
大学卒業後、地元金融機関に勤務
平成15年落合病院に入り、平成21年より事務長を務める。
趣味:ゴルフ、スポーツ観戦

ページトップへ戻る

医療費のしくみ

病院において行われる医療行為(検査・投薬・注射等)には、それぞれ診療報酬により所定点数が定められており、1点=10円で計算し、それぞれご加入の保険負担割合に応じて、窓口にて一部負担金をお支払いただきます。

残りの部分は、病院から加入されている各保険者に、審査支払基金を通して毎月「レセプト」という診療報酬の明細書により請求します。

診療点数は、各医療機関の施設基準(ベッド数、看護師や医師等の有資格者数、設備等)により異なる場合があります。

医療費の仕組み概念図

診療報酬とは
医療機関や薬を出した調剤薬局が受け取る報酬で、値段は公的に決まっています。「本体」(医療行為への対価)と「薬価」(薬などの代金)に大別され、さらに、個々の手術や検査などに点数(1点=10円)が決まっています。診療報酬は原則として2年に1回改定されます。医療費について詳細やご不明な点は、事務職員までお気軽にお尋ねください。

ページトップへ戻る

事務部 業務紹介

医事課
患者様の支払う診療費の計算、審査支払機関・保険者への診療報酬の請求業務などを担当しています。
経理課
病院会計の経理全般、現金出納、病院事業の企画調整、人事管理、給与処理、労務に関することなどを担当しています。
総務課
保険医・保険薬剤師の登録・変更に関する事務、規則の制定・改廃に関すること、情報システムの推進・管理運営に関すること、統計に関することなどを担当しています。
医療サービス課
病院の窓口として、来院される患者様の受付やお支払、外来の窓口業務、院内のご案内などを行っています。
施設管理課
建物等の設備管理、その他機械、備品のメンテナンス、患者様や施設利用者様の転院搬送や送迎などを担当しています。
診療情報管理室
診療情報管理士が常駐し、カルテなどの診療録の管理、病歴や退院時要約(サマリー)などの入院情報の管理などを行っています。
託児所
職員専用の託児所を開設しています。

ページトップへ戻る

事務部スタッフ

スタッフ数(平成29年4月1日現在)
事務室 26名
健康管理部 4名
施設管理課 3名
診療情報管理士 3名
事務部スタッフ

ページトップへ戻る