落合病院外観イメージ

昭和12年6月1日、当時、度重なる災害に遭い外科疾患への対応に苦慮していた地元の要請で、岡山県落合町垂水に榊原病院落合分院が設立され、分院長として初代理事長 故井口與志子が着任したことにはじまります。

その後、地域社会へ医療を通しての奉仕を創始の精神に外科落合医院として独立、昭和17年外科落合病院に昇格、昭和32年医療法人、昭和40年総合病院認可 、昭和47年特定医療法人となり今日に至っています。