災害拠点病院とは

日本政府は、平成7年に発生した阪神・淡路大震災の教訓を生かし、災害時における初期救急医療体制の充実強化等の新たな災害医療体制を実現するため、平成8年、各都道府県知事に対し、健康政策局長通知を発出し、災害拠点病院の整備を図りました。

以下、災害拠点病院指定要件の抜粋です。

運営条件
1.24時間緊急対応し、災害発生時に被災地内の傷病等の受入れ及び搬出を行なうことが可能な体制を有すること。
2.災害発生時に、被災地からの傷病者の受入れ拠点にもなること。また、例えば、被災地の災害拠点病院と被災地外の災害拠点病院とのヘリコプターによる傷病者、医療物資等のピストン輪送を行なえる機能を有していること。
3.災害発生時における消防機関(緊急消防援助隊)と連携した医療救護班の派遣体制があること。
4.ヘリコプター搬送の際には、同乗する医師を派遣できることが望ましいこと。
施設および設備
1.災害時における患者の多数発生時(入院患者については通常時の2倍、外来患者については通常時の5倍程度を想定)に対応可能なスペース及び簡易ベット等の備蓄スペース。
2.広域災害・救急医療情報システムの端末。
3.多発外傷、挫滅症候群、広範囲熱傷等の災害時に多発する重篤救急患者の救命医療を行なうために必要な診療設備。
4.患者の多発発生時用の簡易ベット。
5.被災地における自己完結型の医療救護に対応出来る携帯式の応急用医療資器材、応急用医薬品、テント、発電機、飲料水、食料、生活用品等。
6.トリアージタッグ。
7.ヘリポート。(航空法による非公共用ヘリポートが望ましい)
8.医療救護チームの派遣に必要な緊急車輛。

ページトップへ戻る

岡山県の指定状況

基幹災害医療センター
岡山赤十字病院

災害拠点病院医療救護要員研修会イメージ

地域災害医療センター
岡山済生会総合病院(県南東部医療圏)
岡山医療センター(県南東部医療圏)
岡山大学病院(県南東部医療圏)
岡山市民病院(県南東部医療圏)
川崎医大附属病院(県南西部医療圏)
倉敷中央病院(県南西部医療圏)
高梁中央病院(高梁・阿新医療圏)
総合病院 落合病院(真庭医療圏)
津山中央病院(津山・英田医療圏)

ページトップへ戻る

災害拠点病院訓練

災害拠点病院訓練の様子

平成24年10月14日(日)落合公民館にて、岡山県災害拠点病院医療救護要員研修会が行われました。本年度は当院が研修会担当病院となり、真庭地域での開催となりました。

研修会には岡山県下の災害拠点病院9病院と行政機関、消防機関および真庭警察署、金田病院が参加しました。

今回は、局所災害時における関係機関の連携の重要性を学ぶことを目的とし、局所災害医療の基礎知識の講義から、トリアージ(多数の傷病者の分別・治療の優先順位の決定)訓練、災害現場を想定した救護所での総合演習など、実践的な局所災害時の流れを体験しました。

ページトップへ戻る