セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは、自分の診療内容等について、主治医以外の医師に意見を求めることで、患者さん自身が自らの治療に対して最善の方法を選択する上での参考となるものです。

対象者
患者さん本人あるいは患者さんの同意を得たご家族の方
・同意書、患者さんご本人あるいはご家族であることを確認できる免許証などの書類が必要となります。
申込み用紙(Word形式PDF形式)、同意書(Word形式PDF形式
対象とならない場合
・最初から当院での治療を希望している場合
・現在の主治医に対する不満や医療過誤及び裁判係争中に関する相談
・医療費の内容や医療給付に関わる相談
・亡くなられた方を対象とする相談
・治療後の良し悪しの判断を目的とする相談
・現在の主治医が了解していない場合
・診療情報提供書及び検査資料を持参できない場合
・特定の医師、医療機関への紹介を希望している場合
・相談内容が当院の専門外である場合
・予約外の場合

※ 上記に該当すること以外でも、内容によってはお受けできないこともあります。

セカンドオピニオンを受けられた場合、原則的には当院での治療はできません。

ページトップへ戻る

ご相談対象疾患

ご相談内容別セカンドオピニオン外来一覧
・食道がん、胃がんの治療
・肝炎の治療
・潰瘍性大腸炎、クローン病
・膵胆道がん治療
・肝がんの治療
・透析導入の適応
・インスリン導入の適応
・産科婦人科全般

ページトップへ戻る

相談時間と費用

時間の単位
・30分/60分
予約について
・完全予約制 (予約後、当院から患者さんへご連絡いたします)
費用
5,000円/30分 (消費税込み)
※ 全額自費負担で保険適用はありません。
※ 問い合せや予約には料金はかかりません。

ページトップへ戻る

セカンドオピニオンの流れ

セカンドオピニオン外来の流れ
1.セカンドオピニオン外来受診依頼 → 総合支援センター
2.必要書類、受診方法について説明を受ける。
申込み用紙(Word形式PDF形式)、同意書(Word形式PDF形式
3.申込書をFAXまたは郵送で送る。
4.相談内容に基づき担当医と調整の後、相談日時を決定し連絡いたします。
5.受付後、面接室または診察室にご案内
6.ご受診(ご相談)
7.支払い(会計窓口)
当日の受付
・総合外来受付窓口へお越しください。
持参する書類
・同意書
・患者さんご本人あるいはご家族であることを確認できる免許証などの書類
・現在の主治医からの紹介状(診療情報提供書)
・できる限りの検査資料

ページトップへ戻る

ご予約・お問い合せ

ご予約・お問い合せ先
担当部署 総合支援センター(地域連携室)
電話番号 0867-52-1133(FAX:0867-52-1160)
対応時間 月曜日~金曜日(平日のみ8時30分~17時まで)
E-Mail メールでのお問い合せはこちらのメールフォームでお願いいたします。

ページトップへ戻る